Category Archives: ヘア

メンズの脱毛にワックスを使う方法

メンズの脱毛の方法はいくつかあるのですが、ワックスを使う方法もそのひとつです。クリニックやエステに比べて効果は一時的なのですが、ワックスを買ってやるだけなので簡単です。ブラジリアンワックスをやってくれる店もあるのですが、自分でも可能でしょう。

ワックスを塗ってかためて、それを一気にはがすので勇気もいりますし、ある程度痛いです。しかし一気に毛がなくなるのは魅力でしょう。しかし、これはあくまでいっときなくなるだけで、すぐに毛は生えてきます。本格的に毛をなくしたいのであれば、メンズ脱毛に行くことをおすすめします。

最近はメンズでも脱毛するのは違和感がないことになっているので、問題ないです。実際これはファッションと同じように流行があり、美容業界が作っています。人間にはそもそも毛が必要で生えているので、清潔感の観点から短くするのは自然なことですが、完全になくすのはなくす過程でもなくしたあとにも肌には負担が掛かります

しかし、日本ではそのような流行になっているので、仕方ないでしょう。冷静に考えれば、なぜ女性は腋毛があるとダメで、ヒゲが濃いのが苦手な人が多いのかということになりますが、それはあくまで作られたイメージです。

トリートメントの種類

トリートメント選びで髪の質に合わせなければ、ヘアケアも意味がなくなります。洗い流さないタイプのトリートメントの効果を最大限に引き出すには、幾つかの種類から自分の髪の状態に合わせたものを選ばなければなりません。

ヘアケアのための洗い流さないトリートメントは、シャンプーをして清潔にした髪に吸着する働きがあります。そして不足している油分や水分・たんぱく質を補給して、ヘアケアを行ってくれます。トリートメントにはオイルタイプやミルク・ミスト・ジェル・ゲル・スプレーの6種類があり、中でもオイルタイプは主にドライヤーやアイロンの熱から髪を守る効果が高いトリートメントです。

傷んだ髪を補修するというよりは、髪がこれ以上傷めないようにするものです。ミルクタイプは油分意外に保湿力の高い成分が多いトリートメントで、修復成分が多く髪の質感を向上させてくれます。ですが髪を熱から守る効果は弱いタイプです。ミストタイプの主な成分は、美容液とたんぱく質となります。

油分が少なく熱から守る働き弱いので、オイルタイプのトリートメントと併用するとより髪のコンディションを向上させます。効果的な使い方は、オイルタイプを夜お風呂上りに使い、朝ミストタイプで寝癖を補正してドライヤーで整えるようにします。

髪に効果的な栄養

ヘアケアに重要な栄養にタンパク質があります。髪の毛の90%以上をケラチンというタンパク質が占めているため、食事からタンパク質を摂取すると髪の毛の生成に使われます。ケラチンを構成しているのはメチオニンという必須アミノ酸で、体内では生成できないため外部から摂取しなければなりません。

またオメガ3脂肪酸もヘアケアに効果的です。頭皮の細胞膜や髪の毛幹を作り、保湿まで行っています。オメガ3脂肪酸が足りないと髪の毛がスカスカになり頭皮も乾燥してフケが多くなります。青魚に多いDHAや植物油のαリノレン酸がオメガ3脂肪酸です。

ビタミン類とミネラル類は体の調子を整える栄養素で、ヘアケアにも関わっています。ビタミンAは頭皮のターンオーバーを促進しビタミンB群は血流を良くして栄養をたっぷり届けます。ストレスは抜け毛を増やすなどヘアケアの大敵なので、ビタミンCに抗ストレス作用が役立ちます。

亜鉛は髪の毛の生成に必要な酵素の原料で、カルシウムは脳の神経細胞を活性化させることで髪の毛の生成をスムーズにします。ビタミンやミネラルも体内では作れないので、毎日の食事で摂取する必要があります。特に日本人はミネラルが不足しやすいです。

プロペシアが有効

脱毛が気になる時にはヘアケアをする方は多いはずです。育毛シャンプーや育毛剤、頭皮マッサージといったヘアケアはもはや定番でもありますが、ただこうした対策をしても発毛はできない可能性が高いと言えます。特に原因が男性型脱毛症の場合は育毛シャンプーなどによってヘアケアをしても改善できることは殆どありません。
男性型脱毛症の場合はそもそもヘアケアをしてもあまり意味がないのですが、理由は悪玉の男性ホルモンが原因になっている脱毛症だからであり、外からのケアをしても大本の原因にアプローチをしない限りは改善することはないのです。

回復させる為にはまず悪玉の男性ホルモンを抑制する必要がありますので、専門の治療薬のプロペシアを服用するのが改善への近道と言えます。プロペシアこそが悪玉の男性ホルモンを抑える為の有効手段であり、根幹からブロックすることによって回復の兆しが出てきます。

ただしプロペシアのみでは発毛をさせることは難しいのも事実なのです。脱毛を抑制する為だけの薬ですから厳密には発毛薬ではありませんし、それゆえにプロペシアだけに頼っても発毛をしないことが多々あります。発毛の為には生やす為の対策も必要ですので、ここでようやく育毛シャンプーなどの出番となりますし、内外からの対策をしてこそ回復への成功率を高めることができるのです。